2021年8月27日 試合結果

この記事は約4分で読めます。

こんばんは!

早速、本日2021年8月27日の試合結果から見ていきます。

西武ー日本ハム(メットライフドーム)は、2-7で日本ハムが勝利!

楽天ーロッテ(楽天生命パーク)は、1-3でロッテの勝利!

オリックスーソフトバンク(京セラドーム)は、2-0でオリックスの勝利!

となっています。

ここからは試合内容を見ていきます。

西武ー日本ハム戦

西武が2回裏、先頭打者の5番・外崎が日本ハムの先発・池田から左中間スタンドへ第3号ソロホームランを打ち1点先制する。

日本ハムが4回表ノーアウト2,3塁の場面で4番・近藤が西武の先発・松本航からライト線へ2点タイムリースリーベースヒットを打ち逆転に成功する。

5回表に1アウト1,2塁の場面で3番・野村がセンターへタイムリーヒットを打ちリードを2点に広げる。

西武が6回裏、先頭打者の3番・栗山が日本ハムの3番手・宮西から第4号ライトスタンドへソロホームランを打ち1点差に迫るが、

日本ハムが7回表1アウト2,3塁の場面で6番・木村がライトへの犠牲フライを打ちリードを2点とする。

8回表1アウト2,3塁の場面で3番・野村のレフトへの犠牲フライで1点、2アウト1,3塁の場面で5番・髙濱の打席。西武の5番手・ダーモディが1塁へ牽制するも逸れてしまいその間に3塁ランナーが生還。続く2アウト2塁の場面で髙濱がライトへタイムリーヒットを打ち1点、この回3得点を挙げ試合を決めた。

楽天ーロッテ戦

楽天が1回裏ノーアウト1塁の場面で2番・鈴木がロッテの先発・二木からライト線へタイムリーツーベースヒットを打ち1点先制する。

ロッテが5回表、先頭打者の7番・安田が楽天の先発・田中将大からライトスタンドへ第7号ソロホームランを打ち試合を振り出しに戻す。

8回表、先頭打者の3番・中村奨吾が楽天の2番手・安樂からレフトスタンドへ第7号ソロホームランで勝ち越しに成功する。その後1アウト2,3塁の場面で7番・小川に代わって代打・山口。山口はショートゴロに倒れるも、その間に3塁ランナーが生還しリードを2点に広げる。

楽天の8回裏の攻撃は、ロッテの3番手・佐々木千隼が無失点に抑える。9回裏の攻撃は、ロッテの4番手・益田が無失点に抑え試合終了となった。

オリックスーソフトバンク戦

オリックスが4回裏1アウト2,3塁の場面で6番・西村がソフトバンクの先発・マルティネスから左中間へタイムリーツーベースヒットを打ち2点先制。

得点はこの2点のみだったが、先発・山本はソフトバンク打線に対して、9回を被安打4、9奪三振と快投し無四球完封勝利!

対するソフトバンクは、先発・マルティネスは7回を2失点と熱投するも、打線が3塁すら踏む事が出来ずに完封負けとなってしまった。

今日のまとめ

西武ー日本ハム戦

日本ハムが1-0の4回表に近藤の適時3塁打で2点を挙げ逆転に成功する。2-3となった7回表、木村の犠飛でリードを広げ、8回表に髙濱の適時打などで3点を挙げて試合を決めた。投げては2番手・井口が今季初勝利をあげた。

敗れた西武は、2回に外崎、6回に栗山のホームランによる2得点のみに終わる。投げては、先発・松本航が4回1/3を3失点と先発の役目を果たせず6敗目と投打に精彩を欠いた。

楽天ーロッテ戦

ロッテが1-0の5回表、安田のソロホームランで試合を振り出しに戻す。1-1の同点で迎えた8回表に中村奨吾のソロホームランなどで2点を奪い勝ち越しに成功する。投げては、3番手・国吉が移籍後初勝利、4番手・益田が27セーブ目をあげた。

敗れた楽天は、先発・田中将大が7回を1失点と好投するも、打線の援護に恵まれず。2番手・安樂が勝ち越しホームランを許してしまい1敗目となった。

オリックスーソフトバンク戦

オリックスが4回裏に西村の適時2塁打で2点を先制しこの得点が決勝点となった。投げては、先発・山本が9回を106球の快投をし無四球完封勝利でリーグトップタイの11勝目をあげた。

敗れたソフトバンクは、先発・マルティネスは7回を2失点と好投するも、打線が散発4安打、無得点に抑え込まれ3敗目となった。

今日はこれで以上となります。

明日も試合結果・内容を見ていきます。

ブックマーク・お気に入りに登録をしてお待ち頂きますようお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました